よくある質問

    

自転車登園は可能ですか?

当園では、①安全②親子のコミュニケーション③交通ルールの習得④急病、怪我や災害時の対応⑤近隣の住環境への配慮、などの観点から徒歩通園を原則としています。残念ながら当園の面する道路はバス通りで、交通量が多いためお子様を乗せた自転車が安全に通行する事は難しいと思われること、過去に近隣住民から園の周辺への路上駐輪について多くの苦情が寄せられたことが最大の理由です。一方で小学校に上がれば親の同伴なしに徒歩通学となりますので、幼稚園のうちに保護者と通園する過程で時間をかけて体験的に道路に潜む危険や交通ルールを学ぶことはとても有益だと思います。また幼稚園の行き帰りは良い運動になりますし、今日幼稚園で習ったこと、先生との会話、お友達のことなど、お子様と会話する絶好の機会でもあり、天候や自然に対する興味を育む良い機会でもあると思います。何よりそうした事態が無いことを祈りますし、当園は近隣の安全な場所(横浜商科大学)に避難する訓練なども行っていますが、災害時の安否確認、保護者にお迎えに来て戴く事を考えれば幼稚園は近隣であることが望ましいと考えます。急病や怪我の際の対応も同様です。しかしながら、やや遠い場所にお住まいの方で、できれば当園に通園したいが自転車が使えないと、という声があるのも承知しております。当園が想定している徒歩通園エリア外にお住まいの場合、お子さんの年齢やご兄弟の状況によっては例外として自転車通園を認められないか検討しております。なお、現時点では安全対策や駐輪場所(有料)の確保、万一に備えた保険加入、通園及び退園時間帯の徒歩通園者との分離、徒歩通園者との公平性など、解決すべき課題があるため、令和3年度中はこれまで通り自転車通園は禁止とし、令和4年度以降、試験的にごく少数で実施するかどうか検討している段階です。詳細は決まり次第ホームページ等で告知します。お子様の安全を第一に考えた規則であることをご理解いただき、賢明な判断をお願い致します。